遺伝と環境要因の両方が 躁鬱病の原因となる

躁鬱病の原因とは

いったい何が問題なのか

躁鬱病になる原因は様々なものが考えられます。大きな原因の一つとして考えられているのが、遺伝的な要因です。親や兄弟が躁鬱病になった場合は、自分も発症する確率があります。病院の検査では家族が躁鬱病かどうかの確認がある程、遺伝子的な原因があると言われています。その他の原因として挙げられているのが、性格です。躁鬱病を引き起こしやすい性格は、循環気質と呼ばれる性格です。循環気質の性格の特徴として挙げられるのが、コミュニケーション能力が高く、気配りができる親切さと、親しみやすさがあるというものです。その他には、明朗で、興奮しやすく、人を笑わせるユーモア精神が盛んという特徴もあります。普段は物静かで、物腰柔らかという特徴もあります。このような特徴が、著しく発達しているものを柔軟病室と言います。

躁鬱病の辛さを知ろう

循環性格の他にも、躁鬱病を引き起こす原因と言われる性格があります。その一つが、感情の切り替えが遅く、思い込みが激しいといった粘着質で執着性の高い性格の人は躁鬱病を発症しやすい傾向にあります。循環器質の性格に加えて、執着性が加わった性格を、メランコリー親和型人格と言います。メランコリー親和型人格の人は、几帳面で真面目な性質を持ち、洗練された組織の中で行きたいと考えています。会社などの組織で、高い評価が保たれない様な事態になると躁鬱病を発症します。会社で大きなミスをして評価が落ちた際などに引き起こされる事も多いです。

躁鬱病の怖さは確かですが、その原因は特定が困難なことです。そのために大変躁鬱病の症状に悩んでいて回復したという人も原因がつかめなくて再度再発してしまうといったことも珍しくないのです。なるべく早めに原因を特定すべきということは知っておいてください。また他にも原因を特定する際にはカウンセリングも有効ということは確かです。カウンセリングで色々とさらけ出すことにより自分をより理解できるようになるという効果があるのです。こういったことがあるために大変原因が掴みづらいという躁鬱病の場合でもカウンセリングで色々な問題が一気に解ることがあるのです。もしも原因が掴みづらいというという場合には是非とも利用していくのが賢いのです。

 こういった原因には色々なパターンがあります。仕事起因でなってしまうというのが多いのです。こういった場合には仕事の量が大変多くてそのためにうつ病になってしまうというケース、仕事の職場環境が劣悪でそのことが問題で躁鬱病の症状を呈してしまうというケースというように色々な問題があることは確かです。他にも家族関係などの人間関係は大きくうつ病のリスクを高めるということは知っておいてもよいでしょう。こういったことをよくよく理解していれば自然と予防もしやすいですし、再発リスクもなくなるということは確かです。また他にも知っておいて欲しいのが周囲の人への頼り方です。余りにも自分で抱え込むという人はよく有りませんのは確かなことです。