遺伝と環境要因の両方が 躁鬱病の原因となる

服薬治療と心理療法

躁鬱病の原因となることは様々ありますが、あらゆる原因の躁鬱病に対して効果があると言われているのが、服薬による治療です。躁鬱病の治療で処方されている薬の中には、気分安定薬と言われるリチウムやカルマバマゼピン、バルプロ酸などがあります。日本では認められていない海外のラモトリギンなども気分安定薬の一つです。非安定向精神薬であるオランザピン、アリピプラゾール、クエチアピンといった薬は、統合失調に対してのみ服用が認められています。基本的な治療薬は、リチウムになります。躁と鬱両方に改善効果があります。自殺を予防するという効果が支持されて、様々な精神科で処方されています。その他の薬にも言えることですが、副作用というリスクもあります。また、抗鬱薬の服用によって焦燥感が強まるアクティベーションシンドロームという状態を引き起こすこともあります。医師との問診をしっかり行い、用法用量の指示を受けましょう。

躁鬱病の原因はこころにあるという場合も多いので、心理療法を行なう必要があります。病気を理解することで精神的ストレスを解消して、治療をより円滑に行う為の心理療法が必要です。このことを、疾患学習といいます。病気の特徴や、薬の事を理解することで治療に対する意欲を高めることが出来ます。また、躁鬱病は再発が多い病気なので、よくなったと思って通院をやめてしまわないという事も重要になります。躁鬱病の原因となっている悩みを解消することも治療に大切になってきます。